auひかりで二重ルーターにしたら断続的に切断される現象が改善された話。

携帯をauにしている流れからずっとauひかりを愛用してきた私だが、たまにどこかのタイミングで断続的に切れる現象があり悩まされていた。

ところが、二重ルーターにしたところ、改善されたのでメモがてら設定方法を残しておく。

断続的に切れる人意外といるみたい。

本題に入る前に前置きを。

実際調べてみると、断続的にネットが切れる人がいるみたい。

多くの場合は、auひかりのホームゲートウェイ(以下、HGW)である[BL1000HW]のDHCPサーバがうまいこと動作せず、接続台数が増えると動作が不安定になることがあるとのこと。

じゃあ~HGWなしで逸般の誤家庭にあるようなルーター使えばいいじゃ~ん!とか思っている方!

残念ながら、auひかりは[ONU+HGW]のセットで動く仕様

フレッツ光みたいなPPPoEやIPoEなどの認証設定がなくHGW自身で認証を行いインターネットへ接続してる。

昔だとMACアドレスを偽装してHGWの代わりができたみたいなんだが、今はもう対策されていてできないみたい。

しかしインターネット初心者の方には設定する必要がなく、すぐにインターネットができるのでありがたい仕様。

ちなみに、この方のおかげでHGWのDHCPサーバに問題があると気づけたので参考にリンク貼っておく。

auひかりのネットワーク不調がほぼ改善 : Salaryman C3
auひかり10ギガホームにしてからネットワークが不安定で、当初はHGWの無線LANが不安定なのかと思って専用APを導入したりとかなり設備投資を続けてきました。やっと悩まされてきたネットワークの不調がほぼ解決した気がします。IPアドレスを固定したら安定しました。DHCPサー

二重ルーター運用の設定方法

二重ルーターというと、あまり聞こえが良くない感じがするが、適切に設定さえしていれば、さほど問題のない状態だと思う。主に以下のことを行う。

  1. HGWのDHCPサーバ機能を無効にする
  2. HGWでルーターに向けてDMZを適用する
  3. ルーターのWAN設定を固定にする

今回は現在使用しているTP-Linkの無線LANをルーターにして使用する。

1.DHCPサーバーを無効にする

DHCPサーバが同一LAN上に2台あるのは行けないと思うので、DHCPサーバを無効にする。

1.HGWにログインし、[ホームゲートウェイ詳細設定][ここから設定/確認]をクリック。

2.[5.LAN設定][IPアドレスとDHCPサーバ設定]をクリック。

3.DHCPサーバの[DHCPサーバ機能]をオフにする。

これでHGWのDHCPサーバを無効になった。

2.DMZをルーターにするIPアドレスに設定する

続いてDMZを設定する。

DMZ(DeMilitarized Zone)とは、インターネットなどの信頼できないネットワークと、社内ネットワークなどの信頼できるネットワークの中間に置かれる、ネットワーク領域のことだ。直訳して「非武装地帯」とも呼ばれる。

DMZ(DeMilitarized Zone)とは – @IT

つまり、HGWで設定したセキュリティ設定をガン無視してすべての通信をそこに流すというもの。

結局もう一台のルーターでセキュリティ対策がある程度行われているため問題はない。

むしろ、その方が不都合はない。

1.先程のHGWの設定から[4.インターネット][その他の設定]をクリック。

2.[DMZホスト機能]をオンにし、[DMZホストのIPアドレス]にIPアドレスを入力する。

例:192.168.0.xxx(xxxは2~255の間から指定する。)

ここで設定したIPアドレスはあとから使用するため、メモなどしておく。

これでDMZの設定が完了した。

3.ルーター側WANの設定をする

最後にルーター側でWANの設定を行う。

ちなみに、一番最初にDHCPサーバを無効にしたため、IPアドレスの自動取得はできない。

またDMZを使用しているため固定にしないとDMZを使用することができない。

この先は、ルーターによって設定が異なるため、TP-Linkでの設定を紹介する。

1.TP-Linkの設定にログインし[詳細設定][ネットワーク][インターネット]

2.IPアドレスの設定で以下のように入力する。

IPアドレス先程設定したDMZのIPアドレス
サブネットマスク大体は[255.255.255.0]でOK。
デフォルトゲートウェイHGWのIPアドレスを入力。デフォルト値は[192.168.0.1]
プライマリDNSHGWのIPアドレスを入力。ここは任意でCloudFlareでもOK

これで二重ルーターの設定は完了。

まとめ

auひかりのHGW[BL1000HW]で二重ルーターにしたら断続的に切れるネットから解消されたのだが、本当はHGWにカバーできるほどの処理能力があればこんなことをしなくていいだけの話。

IoT機器の増加でインターネットに接続できる機械が増える中、インターネットの基本的な機能であるDHCPのIPアドレス割り振りがうまいことができないのは流石に問題。

フレッツ光とかはそのへん自分でルーターを使うことができるので羨ましいな~!とか思ってみたり。

小型ONUってロマンあるよね。auひかりだからできないけど。

誰かの参考になれば幸いです。

2021年2月23日追記:改善されなかった場合

このやり方ではIPv6はauひかりのHGWのDHCPを使うことになるので、もし上記の方法で改善されない場合IPv6のDHCPが邪魔をしている可能性がある。

HGWでオフにすると改善するかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました